看護師復職面接の服装・格好

今回は看護師・ナースの復職や再就職の面接試験で着ていく服装・格好について迷ってしまう方が多いようですので、ご回答してい行きたいと思います。服装・格好って就職面接では結構重要ですからね。第一印象に影響を与えるポイントの1つになっているのが服装と言われてます。これから看護師の復職・再就職面接を受ける方は必見です!

 

看護師の服装の王道はスーツです。

 

看護師復職・再就職の面接試験ではスーツを着て行くのが定番になっています。色についても派手な蛍光色は抑えて、黒、紺、ベージュ、グレーなどがおすすめです。ボタンの外れやシミ・シワシワなどは面接官に悪い印象を与えてしまう可能性がありますので、クリーニングに出すなど対策しておくことをおすすめします。また、面接前は鏡で面接官に自分の姿がどのように写るのか確認しておくといいでしょう。この点は一般的な会社の採用面接と変わりありませんね。ただ、パート・アルバイトなどの非常勤での採用面接の場合、普段着で来る方も中にはいるようです。自分だけガッチリスーツで行っても恥ずかしいし、かと言ってラフすぎる格好も・・・なんて悩む方も服装については結構多いようです。正直な話、看護師復職は勤務先によって面接の雰囲気は結構変わってきます。分からない点や不安なことがあれば気軽に登録している看護師転職サイトの担当キャリアアドバイザーに相談することをおすすめします。内部事情などを調査してくれたりと、適格なアドバイスをくれるケースが多いです。

 

髪型・化粧は派手すぎるとイメージダウン

 

看護師は仕事内容によっては人の命と関わっていく、重要な役割を果たす職業です。他の職業に比べてさらに信頼性のある人材の確保を目指している傾向があります。私は茶髪や金髪など派手な髪型をしている人を信頼できない人間だとは思いませんが、まだまだ理解をしてくれない方も大勢います。派手な髪型で評価を下げることはあっても、評価が上がることはまずありません。イメージダウンのリスクを考えると無難に行くのがベストだと思います。

 

化粧についても濃いメイクは控え、ナチュラルメイクで抑えておきましょう。清潔感のある女性であることを面接官に印象つけるのがポイントです。稀にすっぴんで看護師面接に挑む方もいるようですが、正直言ってすっぴんはあまりおすすめできません。医療現場に適した化粧で面接に臨みましょう。

 

看護師面接では靴まで見られます。

 

靴は人の心を表すと言われています。靴がボロボロだったり、汚れているとどんなに素晴らしい人間でも魅力に欠けてしまいますね。新品をあえて購入する必要はありませんが、面接前にはキレイに拭くなどチェックが必要です。また、女性の場合、高いヒールはNGです。ヒールをはくなら低めを心がけましょう。

 

マニキュアやアクセサリーについて

 

マニキュアについては看護師の仕事をする場合のことを考えると確実に邪魔になってくるので控えましょう。患者の気持ちを考えるとマニキュアをしている手で治療されるのはちょっと・・・という方も中にはいるはずです。アクセサリーについても基本的に付けないのが無難です。もし、「アクセサリーを付けたらマイナスの印象を与えるのでは?」と不安要素になっているのであれば外して面接会場に足を運ぶようにしましょう。