解雇から看護師再就職・復職

看護師の解雇理由とリストラ後の再就職・復職事情についてシビアに解説していきたいと思います。看護師の中には毎年のように懲戒処分(解雇・免職)を受ける方がいるようですが、再就職・復職への影響はどうなっているのでしょうか?

 

看護師の解雇理由・なぜ懲戒処分を受けるのか?

 

ドラマなどでは医療ミスを原因に看護師を解雇になったケースが多いようですが、実際のところ看護師の解雇理由で多いのは一体何なのでしょうか?インターネットの口コミを見るとアルバイト(副業)、犯罪系、患者とのトラブル、病院等の経営事情(赤字など)遅刻を連発するなど勤務態度などが挙げられます。

 

解雇理由では病院の経営状態などによる仕方無い解雇(リストラ)と本人の問題である懲戒解雇があります。

 

ちなみに懲戒免職は公務員看護師の処分、懲戒解雇は公務員以外の民間病院等の処分で使われることが一般的です。

 

再就職・復職は不利になるかは解雇理由による

 

看護師を解雇になっても、本人からすれば生活がありますので、解雇されたままいつまでものんびりしている訳にはいかないでしょう。一般的に看護師の資格を活かして再就職・復職を目指すのが一般的です。

 

再就職の際に不利になるかは解雇された時の理由が重要になってきます。犯罪系や患者とのトラブルの場合、病院側からすれば人材不足でもリスクは避けたいところです。したがって警戒される可能性は高いでしょう。但し、反省し、同じ過ちを繰り返さないことで信頼関係を得る事も可能ですので、再就職を諦める必要はありません。

 

また、自分ではどうしようもない問題である経営事情による解雇も場合は就職・転職に不利になる可能性は低いと考えられます。副業(サイドビジネス)・アルバイトについては看護師でも結構多いのですが、副業OKの医療施設で的を絞って再就職すれば特に問題ないでしょう。

 

解雇からの看護師復帰はキャリアコンサルタントに相談

 

解雇からの看護師復帰は少々例外なパターンが多いです。そのため効率的に看護師転職するなら人材紹介会社のサービスを使いこなすことがポイントになります。解雇された看護師を受け入れてくれる求人・募集情報を1人で探すのは難しいですからね。相談しながら適確なアドバイスを受けましょう!